BMW i Friends

VOL.2 ナガオカケンメイさん × BMW i3

ナガオカケンメイさんが語る、BMW i3を所有する歓び。

ロングライフデザインをテーマに幅広く活躍するナガオカケンメイさん。
BMW i3とともに各地の取材先へと旅をする中で感じたこのクルマの魅力や可能性を、
独自の視点から語っていただきました。

アクセルを踏んだ瞬間、昔のときめきが甦った。

かつて3シリーズと5シリーズに乗っていたこともあり、i3のデビューを知った時にはBMWの駆けぬける歓びがどんな風に体現されるのか興味がありました。
と、言いながらもすでに他の電気自動車を運転していて、その走りも想定内かなと思っていたんです。

それがアクセルを踏んだ瞬間に覆されてしまった。
音も振動もなく、物凄い勢いで加速していく快感に、「これは楽しい!」と。

僕は昔からクルマ好きなのですが、70年代や80年代には多くのメーカーに「面白いクルマを作ってやろう」という気概があった。i3に初めて乗った時、その当時の気持ちが胸に蘇りワクワクしましたね。

いきなり京都へ、450kmの長距離ドライブ。

その走りをもっと試してみたくて、トラベル誌の制作で向かったのが京都。いきなり450kmものドライブに挑んだわけですが、道中ストレスを感じることは全くなかったですね。途中のチャージは、充電1回、給油2回だったかな。
運転がしやすくてシートも快適だから、長距離でもあまり疲れは感じなかったですね。

その後も、i3は地方への移動に大活躍。
最近では富山のトーク・イベントにi3で行きましたが、今はほとんどのサービスエリアに充電スポットがあるし、高速を降りてもレンジエクステンダー装備車ならガソリンで発電して走り続けることができるから、地方へ遠出しても安心ですよね。

BMW i Friends

BMW i カスタマー・インタラクション・センター

BMW i に関するご質問やお問い合わせなどはこちらまで。
お近くにBMW i 販売店が無い場合でも、BMW i モバイル・セールス・アドバイザーが対応いたします。

お電話での
お問い合わせ

メールでの
お問い合わせ

※プライバシー・ステートメントなど、お問い合わせいただく際のご注意点はこちらよりご確認頂けます。